ドロン女が行く

海外を転々とした挙句今はアメリカ永住の40代女子による、「それおかしくない?」に毒吐きながらツッコむブログ。自由な生き方や考え方、またアメリカ生活や旅行などついても書いています。

日本のスタバとアメリカのスタバの違い

スターバックスというのはチェーン店だから、アメリカも日本も同じだろうと思っていたら、必ずしもそうではないんですね。


f:id:mariaabe:20161019233954j:plain


カップのサイズが「トール」からスタートして「グランデ」「ヴェンティ」となるアメリカに対して、日本はさすがに小さいサイズ「ショート」がありました。

確かに私も最初カナダに住み始めた頃「トール」は多いと思っていたことがありました(今じゃグランデでも普通に飲んでしまう)

が、サイズだけではなく他にも違いがあったのでメモ。

日本のスタバでは何を頼んでも順番制


アメリカは普通のコーヒーを注文した場合、キャッシャーがそのコーヒーを淹れて(この場合は「入れる」? カップにつぐだけだから)レジでの支払いと同時に渡されますが、日本のスタバは普通のコーヒーでもラテやモカと同じで、その場ではもらえずバリスタが入れるのを待たないといけません。

やっぱり秩序を大事にする日本では、後に注文した人が先に受け取るのはなにかとよくないんでしょうか? でもアメリカの方が合理的だと思うけどなぁ・・・

日本のスタバでは番号制


日本ではドリンクを受け取る時は引き替え用のレシートが必要でした。

アメリカでは名前を聞かれ、その名前を店員さんがカップに直接書きます。なのでドリンクを作った人は作り終わったら、そのカップに書いてある名前を呼びます(叫びます)。呼ばれた人はドリンクを取りに行く、という手順。レシートを見せることはありません。

私は自分の本名を言っても一発で通じることはなく、スペルを言わないといけないので面倒くさい。なので多くの在米日本人は「スタバ名」を持っています。ちなみに私は昔からMaria。

マリアという名前はスペルを言う必要は絶対にありませんが、メキシコ系が人口のマジョリティであるロサンゼルスだと、他にもマリアさんがいる確率高し、笑。

旦那のスタバ名は「Max」です。

どう見ても日本人同士なのにマリアとマックスな寒い夫婦ですみません。


ちなみに日本のスタバでコーヒーを注文した際、アメリカはファーストネームだけど、ここは日本だからやっぱり下の名前ではなく苗字を言うんだろうか?などと真剣にドキドキしていたのに、聞かれませんでした(笑)

確かに「阿部さーん」などと呼ばれると、病院か何かみたいですよね。

日本のスタバではWi-fiが事前登録制

行ってみてびっくりしたんですが、スタバ店内のWifiが事前に登録していないと使えませんでした。

フェイスブックにサインインすると事前登録がなくても使えるとのことだったので、仕方なくフェイスブックにサインインしてWifiを使いましたが、なんだかなぁ。

スタバではなくとも日本ではWifiで困ることが多かったなぁ・・・