ドロン女が行く

海外を転々とした挙句今はアメリカ永住の40代女子による、「それおかしくない?」に毒吐きながらツッコむブログ。自由な生き方や考え方、またアメリカ生活や旅行などついても書いています。

家政婦のミタ vs 家政婦は見た

20年以上日本を離れているからか、日本の芸能人のことは本当に知りません。

といってアメリカの芸能人なら知っているのかと聞かれると、それも同じぐらい知らないのですが、要はそんなに興味がないんでしょうね。

昔海外生活していたころと違って、今はネットがあり、日本の情報についていこうと思えばまったく可能です。

だから周りの日本人の友達も日本の最近の芸能ネタにはかなり詳しい人が多く、日本に住んでる日本人より詳しいんじゃないかという人もいます。

そういう人達が多いので、「知っている」という前程で話が展開されると、私だけまったくついていけないということに。

いや、ついていけないのはいいんですよ。

それだけならいいんですが、時に大恥をかくことがあります。



数年前、テレビドラマの「家政婦のミタ」が流行っていた年のこと。


f:id:mariaabe:20161017044159j:plain
http://matome.naver.jp/odai/2146369144585536901/2146369811289619903


在米日本人が集まるパーティに、ちょうどその時期日本から来ていた旅行者も出席していました。

その人が「今日本では『家政婦のミタ』のファッションが流行ってるんですよ」と言ったのです。

私はびっくりして、「えーーーーーー!?」と大声をあげてしまいました。

が、驚いたのは私一人。

こんなに驚くべきことなのに、どうして周りは誰も驚いておらず、「へえ、そうなんだ」という雰囲気なんでしょうか。



数秒後、旦那が私に、

「・・・違う。違うから」

と言いました。



そうです。

私はその「家政婦のミタ」というドラマを知らず、「家政婦は見た」だと思い込んでおり、主人公である市原悦子のファッションが急に日本で流行っているのかと思ったのです。


f:id:mariaabe:20161017044227j:plain
http://corobuzz.com/archives/34030


だから驚きのあまり、大声をあげてしまったのでした。

が、その「えーーーーーー!?」という声だけで私の間違いに気づいた旦那は、やっぱり普段から私を見ているだけあって、私のことをよく知っている、ということなのでしょう。

いや、なんでみんなアメリカに20年ぐらい住んでて普通に知ってるのよっ!?


(ちなみに、その「家政婦のミタ」はこちらの日系のテレビチャンネルで放送されたので、しっかり見ました。「ああ、このファッションのことね~」と思いながら、笑)