ドロン女が行く

海外を転々とした挙句今はアメリカ永住の40代女子による、「それおかしくない?」に毒吐きながらツッコむブログ。自由な生き方や考え方、またアメリカ生活や旅行などついても書いています。

結局私はノマド生活を望んでいないことがわかった

20代の頃は「来年の今自分がどこにいるのかわからない」という生活を続けていました。

もちろん仕事はしていましたが、外国で働いていたため、仕事のことというよりビザのことがあって先行きはまったく見えない。

最終的にアメリカ永住権が取れるまで、20年はビザのことで悩んでいたと思います。

だから人生の長い期間、私の夢は「定住」でした。

今後ずっと住む場所、家が決まっていて、お気に入りの家具や食器を買って集めたりしたい、それに基づいた将来の設計がしたい、などとずっと思っていました。

f:id:mariaabe:20161226164821j:plain
(Josh Sorenson)


が、いざ永住権を手にし、家も購入し、定住できることがわかると、定住に慣れてないからか、今度は夢が「ノマド生活」になりました。

行きたいところに行き、世界のどこにいても仕事ができ(または収入があり)、自由気ままに暮らしたい・・・と。

人はいつもないものを求めるんでしょうか。

ノマドはしたくないと思った出来事

今年の夏日本に3週間帰っていたのですが、本来の予定では10日間でした。

が、事情により滞在を伸ばさざるを得ないことになったのですが、とにかく自宅に戻って日常生活を送りたかった。

たとえ1日でもいいからアメリカの家に戻り、普段食べてるものを食べ、犬の散歩に行きたい、と思っていました。

結局3週間でアメリカに戻ったのですが、戻る飛行機の中ですでに体調を崩しており、そのままぶっ倒れ、家に戻ってもひたすらベッドの中。

普段食べてるものも食べれないし、犬の散歩にも行けない。

更に最悪なことに、アメリカの家に戻った1週間後にはハワイ旅行に出かけることになっていました。

1週間でとりあえず飛行機に乗れるまでには復活したのですが、ハワイに着いてもかなりの時間を寝て過ごし・・・

何よりも日本にいた3週間、とにかく「日常生活を送りたい」と思っていたのに、いざ戻ってもそれができず、そのまままた旅行に。

なのでハワイでもずっと「家に帰りたい。犬に会いたい。日常生活を送りたい」と思ってばかりでした。

日常生活が好きだ

それで気づいたのです。

旅行って、普段の日常生活から飛び出すから楽しいんだなと。

日常生活という基盤があって、そのうえで旅行に行くから何もかも新鮮で楽しく思える。

日常生活が送れてないと、旅よりも日常のほうが大事になる。

日常生活が送れなかったことで、私は実はそういう普段の生活が大好きだったんだ、と気づいた次第。

なのでもうノマドは私にはありえない。

まぁ愛する犬猫がいるのでもともとただの夢ではありましたが、旦那が面倒見てくれるので1ヶ月一人旅しようと思えばもちろん可能。

でも自分がそれを望まないことがわかりました。

かといって旅行しないかといえばもちろんそんなことはなく(笑)

ノマドじゃなくて旅行にたくさん行きたい

クリス・ギレボーの「一万円起業」という本で、著者が「1ヶ月に1週間旅に出ている」というのを読んで、「これだ!!」とひらめきました。

旅行というのを今までは「年に何回かする」という、「年」という単位で考えていたけど、「月」に一回行ったっていいんじゃないか!

そうか、そうよね。

ま、それをするには圧倒的に予算がないのだけど(笑)、そういう目標でいればいいんだ。

ノマドはしたくないけど、旅行の回数をちょこちょこ増やすなら最高。


ということで来年は、さすがに毎月は行けないだろうけど、

・海外旅行2回(各10日ほど)
・ハワイ旅行1回
・3泊ほどのアメリカ本土旅行2〜3回
・その他近場に1泊を2〜3回

を目標にします!