うつしみ うつろい

Master graduate performance work “Utsushimi Utsuroi”,2019.1

Solo Performance,Yokohama, Japan

“Utsushimi Utsuroi” is 15 minutes performance
with live sound held at the space of the basement floor of the university campus.

The performance involves the living body,
video projections and a video from CRT television

utilizing the characteristics of the space and the architectural structure.

They are directed to fit in a linear timeline and combined together into one scenographic language.

Viewers can only see from the top of the stairs.
It's like looking into a swimming fish( =performer). This work questions “Utsushimi”

(Projected body and fading body) in relation with film and new media that change a certain space to any extent.
This performance was made during April 2018
and January 2019.

『窓』 虚ろな日々をこの暗黒の部屋部屋で送る私 窓がないかとぐるぐる歩く私
1 つあいていたらすごい救いだ しかし窓は見つからぬ 少なくとも私には見えぬ 見つからぬから良いのかも 

作品概要
私は人間である。 私は時々私の中の声に溺れそうになる時がある。 私は言葉を巧みに操ることができる。

言葉だけ大人になっていって私の身体は置き去りにされた。 生まれる言葉が私の声によってつらつらとどこかにいく。 私はまた声に溺れる。

「声」私は声のノスタルジアを考える。 ギリシア時代最大の詩人と言われるコンスタンディヌス・カヴァフィスによる詩集から着想し、 彼の言葉の数々に私の身体が寄り添っていく。